FC2ブログ

1(ワン)丁目2(ニャン)番地で暮らす10人の猫さん、4人の犬さん、4匹の人間が繰り広げる愉快な共同生活

運命の犬 むく

2008年2月9日、
ki:Barは、妹のアツコデラックスさんと、
姪のラムテンコさんの3人でスーパー銭湯へ
あかすり、1,000円カットを利用し、
帰りついたのは午後10時
ki:Bar、アツコデラックスさんを送ったラムテンコさんは、
降り出した雪の中、舎人方面へと車を走らせました。
すると、前の車が何かを避けました。
ありゃ?雪の中何かが居るじゃあーりませんか!!
「何だあれ??ん!!?あの大きさは・・・猫じゃないよな・・・
うーーーん!!(ーー゛)」
すると、その物体がムクり!!ムクり!!
当時身重のラムテンコさん(当時7ヶ月)車を止めて確認!!
道路が赤く染まり、何やら横たわっています!
そうです、ワンコが血だらけで雪の中に居ました。
ひぇーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)ひょぇーーー!!
そう思った時、その生き物が顔をあげ、目が合ってしまいました。
運命ですね。
「生きてる!」
ラムテンコさんは、アツコデラックスさんに連絡

雪の中、必死で車の前に立ちはだかって犬を守りました。

犬は、激痛のためうなり声をあげ、危険なため

パトカーの出動を要請、U動物病院へ運ばれました。(以上ラムテンコさん談)

そして、この子をどうするか?

ki:Barに相談したのです。

3週間後、むくと名づけられたこのわんこは…

ki:Barの家にたどり着きました。   
KoMu200802_02.jpg
多分今までシャンプーなどしたことがなく、悲惨な状態だったので、
全身の毛を刈ってもらいました。
左腕の神経は麻痺していました。

KoMu200802_05.jpg
こなつは、むくを自然と受け入れていました。

KoMu200803_04.jpg
左足は神経が麻痺しているため、褥創ができ、感染症の恐れもあり、
右足への負担が大きいことから、断脚を余儀なくされました。

KonaMuku200804_02.jpg
しばらくは、皮膚の状態も良く、楽しく生活ができました。

KoMu200805_15.jpg
ドッグランにも遊びに行きました。

Muku200809_03.jpg
しかし、むくはクッシング症候群という副腎の病気を患っていました。
クッシングという病気は、いろいろな症状を見せ始めました。
皮膚が薄くなり、体の毛が抜け、湿疹がひどくなりました。
体中がかゆくなり、血も滲むようになりました。

Muku200909_01.jpg
とうとう、投薬が始まりました。症状は少しずつ改善し始めました。
やっと、ゆっくり眠れるよ(むくさん談)

Muku201006_20.jpg
そして、
むくさんは今「世界一かわいいミックス犬」の名をほしいままにしています!


ランキングに参加しています。むく応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 



スポンサーサイト
  1. 2010/10/03(日) 12:45:55|
  2. わんこたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あん 約束の犬 | ホーム | ビーグルこなつが来た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rumaruma2010.blog86.fc2.com/tb.php/42-089aade5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)